• 年の差
  • 恋人
恋に年齢は関係なし

年の差恋人と長く付き合うコツ

恋に落ちる時、相手の年齢は必ずしも重要事項ではありません。でも、年の差のある恋を実らせるためには、そして長続きさせるためには、それなりの努力や工夫が必要になります。個人差・男女差・年の差など、二人の間にある差が二人の間の溝になってしまうことも多いですね。そこで、ここでは年の差のある恋人、たとえば超年上や超年下の彼氏と長く付き合っていくのに役立つちょっとしたコツをご紹介します。

超年上彼氏には

一般的に、年上彼氏に対する年下彼女は、若さやかわいらしさを全面に出して甘えるスタイルが多いでしょう。でも、それだと常に一方的に彼女が彼氏に甘えるだけのワンパターンな関係になってしまい、男性側に不満が溜まっていく可能性があります。だからこそ、一種のプレイで二人の関係を逆転させて恋を活性化させるのが有効です。そこで、超年上彼氏のさらに年上女性になりきってみましょう。教師役などをイメージしてみると、年上女性の言動をとりやすいはず。そんな年上女性の上から目線で、「若い女性が好きなもの」とか「若い女性が年上男性にもとめているもの」などをレクシャーします。プレイは遊び感覚の冗談であっても、内容には本気を盛り込むのがコツ。超年上彼氏にとっては、甘やかすべき対象である超年下彼女の変身ぶりにびっくりしつつ、プレイだからこそ甘えやすく、一緒にノって楽しめそうですね。

超年下彼氏には

超年下彼氏を甘やかすのは年上彼女の醍醐味です。でも、年の差のせいで彼女ばかりが彼氏の行動や人間関係を気にしてしまいがち。さらには、その気持ちを隠さなくちゃいけないと思ってしまうのが超年上彼女です。年齢というどうしようもない壁の前、嫉妬でメラメラしてしまうことの多い超年上彼女だからこそ、もし超年下彼氏から自分にジェラシーを向けてもらえたらすごく嬉しいですね。そこで、実在する超年下の恋敵を登場させて、年下彼氏の心を揺さぶってみましょう。相手に選ぶのは、実在はしても手が届かないアイドルたちです。人気のあるアイドルよりも知る人ぞ知るタイプを選ぶと、「ただのファンを超えたファン」だと誤解してもらえやすくなります。「かっこいいよね」とか「○○歳なんだって!」のように、超年下彼氏のプライドをくすぐる言葉を会話に盛り込むことで嫉妬心を煽ります。ただ、「大好きなの」のような直接的な言葉は、嫉妬心を燃え上がらせすぎてしまう可能性があるので、避けましょう。


年上だから年下だからと、テンプレ通りに甘えてばかり甘やかしてばかりだと、二人の関係もテンプレのワンパターン化してしまって長続きしにくくなります。恋の継続には多少の刺激が必要です。その刺激をちょっとした女子教師プレイやアイドルファンになることで作り出し、年の差の形勢逆転状態を作り出すのが、二人の関係にちょっとした緊張感を作り出すコツです。ただ、やり過ぎると呆れられてしまうかも。そこは相手の様子をよく覗ってくれぐれも注意しましょうね。

© 恋愛占いPlus+